日本の自然葬と考え方

自然葬とは、亡くなった方の遺骨や遺灰を海や山などの自然の中に還すという葬式方法です。日本では一般的な墓石に遺骨や遺灰を納めるという方法とはまったく違う自然に帰ろうとする考え方で行うものです。近年、日本では自然葬を望む人が少しずつですが増えています。日本人には古代からもともと死後は自然にもどるという「自然回帰」という考え方がありました。

この考え方が自然葬を望む人が増える背景になっているのです。特に、過去から現代への社会状況の変化からも自然葬が増えてきたといえるでしょう。少子化や高齢化が進み核家族が増えて、地方でも都市化が進んでいます。これらの事情で、お墓を管理していくという古来からの習慣が維持できなくなっていることも多くなっています。

また、墓地造成のために環境破壊が進んでいるという状況もあります。そこに、もともと日本人が持っていた「自然回帰」という方法でお葬式を行うという考え方も出てくるのです。自然葬についてどう思うかというアンケートをとったところ、多くの人が賛成しているというデータもあります。あくまでもデータであり、葬式についての考え方は人それぞれです。

大事なのは故人とその家族の考え方であり、火葬をして遺骨や遺灰をきちんと納めるお墓を作り、そこへお参りにいくという考え方を否定するのではなく、さまざまな方法を選ぶことができる現代のお葬式に、この方法は一石を投じているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です