自然葬の由来と考え方を知ろう

自然葬とは、お墓ではなく山や海などに位牌や遺体を還すことによって、自然の中の大きな循環の中に快気しようという葬送の方法です。かつては、自然葬といえば遺骨を砕いて散骨することを指していましたが、骨壷を使わずに直接遺体を埋葬する方法も自然に変えることに違いはないということで自然葬とされています。この弔い方は広義では風葬や鳥葬、土葬、植樹葬など自然に回帰する葬り方であると考えられています。その発生の由来は、葬儀される側の自然に帰りたいという要望を叶えるための散骨タイプと環境を保護するため墓地に人工物を設置せず里山の環境を守ろうという考えから生まれたタイプがあります。

この方法は、世界各地で行われており、日本でも古来、遺灰は海や川、山に還すのが主流だったのです。お墓を造るようになったのは、江戸時代中期頃に寺檀制度の整備が進んだことによるものです。その後、死んだ後はお墓に入るものであるという固定観念が生まれ、戦後まで散骨は違反行為とされていました。現在は、自然葬への理解が深まり、この弔い方を選択する人も増えてきました。

この弔い方を望む人が増えた背景として、自然に帰りたいという思いが増えてきているというだけでなく、現在の家族の姿が、核家族化や少子化によって、従来の家系を重んじた墓の維持、管理を続けるのが難しくなっているという社会的要因もあると考えられています。自然葬は、故人の自然に帰りたいという遺志とその家族が故人の遺志を尊重することによって行うことができる、自己決定で行える弔いの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です