自然葬が行われるようになった背景にあること

自然葬という葬儀の方法はいまでこそそこまで珍しいものでは無くなりました。著名人であってもこの方法での葬儀を望むという人は多くいますし、実際にこうした形で葬られている人も多くいます。ですが日本という国において、こうした自然葬という形の葬儀はあまり主なものでは無かったということも確かです。では現在になって急激に自然葬が行われるようになってきた背景には何があるのかというと、これにはさまざまなことが挙げられます。

しかし最も大きいのは、日本人という民族の中にあった宗教観が大きく変化したことでしょう。これまでの日本人の中には「手厚く葬ることが親孝行だ」というような考え方が根強くありました。だからこそ数百万円などの高額な葬儀が多くの地域で行われていたのです。ですがしかし、現代においてそうした数百万円もの高額の葬儀を進んで行いたいという人はかなり少なくなってきました。

死後のことを考えるよりも生きている時のことを考えるという人が多くなり、それによって葬儀というものに対して高額な費用を支払う人が少なくなっていったのです。自然葬も費用はかかりますが、それでも数百万円もかかるというようなものではないのがほとんどですから、安く行える葬儀として人気を集めるようになってきたのです。また一部で注目されるようになってきたのが「墓地造成による環境破壊を食い止める」という要素です。散骨などの場合、自然界に遺灰を撒くわけですから墓地を作る必要はありません。

現在ではまだ多くの遺灰は墓石の下に安置し、その他の部分を散骨するというような方法が主です。ですが今後自然葬という弔い方が主流になっていけば、遺灰の全てを自然に還すということもあり得るでしょう。今後、こうした背景にあることがどのように変化していくかということに関してはしっかりと見守っていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です