葬儀の服装は黒の礼装でシンプルに

葬儀の服装は、基本的に黒の礼装です。和装でいく場合は、無地の黒に黒い帯をしますが、近年では、参列者のほとんどが洋装になっています。洋装の場合は男女共に色は黒を選んでください。男性は黒のネクタイとブラックスーツ、女性もブラックのワンピースかスーツが基本で、靴下やストッキングも黒にしましょう。

女性はスカートの丈にも気を配ってください。座った場合にもひざが出ないくらいの長めのスカートがよいでしょう。若い人たちは、葬儀用の礼服を持っていないという人も少なくありません。学生であれば制服ですみますが、社会人はそうもいきません。

社会人になったら、黒の礼服は用意しておきましょう。急な場合は、レンタルでも良いと思います。洋装の際には、服だけでなく、アクセサリーにも気を配りましょう。パール、オニキス、黒珊瑚などなら問題ありません。

時々ネックレスで二連のものをしている人がいますが、不幸が重なるという意味がありますので、必ず一連のネックレスをつけるようにしてください。リングは、結婚指輪のみが許されます。また、女性は化粧にも注意しましょう。派手なアイラインやマスカラなどはしないように心がけ、薄めのメイクで口紅も控えめに。

自然でシンプルなメイクにしてください。特に若い女性は、常にネイルをしていますが、葬儀ではネイルもとっておきましょう。髪もすっきりとまとめるとよいでしょう。葬儀のマナーは、知らなかったでは遺族に失礼にあたります。

くれぐれも注意して、参列しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です