葬儀や通夜での服装のマナー

葬儀や通夜といった、弔事での服装のマナー違反は特に目立ちます。正しい服装のマナーを身につけましょう。まず通夜の場合、男性はブラックスーツかグレーや紺などのスーツで参列します。会社からそのまま駆けつける場合などは、その日に着ていたスーツでもかまいません。

ただし、その場合もネクタイは黒のものに取り替えましょう。今は、通夜だけに参列する人が増えている為、通夜に喪服を着る人も少なくありません。しかし、この場合は、遺族より仰々しいものは避けましょう。女性の場合、最近は喪服で参加する人も増えていますが、外出先から出向くときなどは、派手にならないように気をつけましょう。

アクセサリーやスカーフなどははずし、メイクも薄めにします。ただし、赤や紫といった色ものや光沢のある素材、肌を露出するデザイン、短すぎるスカートなどは、着替えてから出直したほうが良いでしょう。靴やバッグなども地味な物がベターです。次に男性の葬儀での服装は、黒のダブル、またはシングルのスーツに黒無地のネクタイ、シャツは光沢のない白いシャツにします。

タイピンは付けないのが基本です。つける場合は地味なものにします。女性は、洋装の場合ブラックフォーマルが基本です。黒のワンピースかスーツで、長袖のもの、スカートなら膝が隠れるくらいの丈のものにします。

パンツでも良いでしょう。光沢のある素材やレースなどの透ける素材のものは避け、ストッキングやバッグ、靴などは黒で統一します。アクセサリーは結婚指輪やパールの一連のネックレスはかまいませんが、他のものは外します。和装の場合は、グレーなどの色喪服で、一つ紋または三つ紋をつけ、おび?帯締めなどは黒で統一します。

服装以外にも気をつかいましょう。メイクやマニキュアは控えめにし、香水はNGです。ヘアスタイルもシンプルにまとめるようしましょう。以上の事を気をつけて、通夜や葬儀に参列するよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です