自然葬と法律と規制について

自然葬を利用したいと思っている場合、法律や規制について知っておくようにしましょう。いろいろな種類がありますが、その中のひとつである樹木葬は埋葬する形になります。そのため、墓地として認可された場所に遺骨を埋めることが決められています。樹木葬は里山墓地や公園墓地など、タイプがいろいろとありますが、墓地として認可されている場所でなければ、自然葬として利用することは出来ません。

散骨は海にまくことが多いのですが、この場合は、葬送を目的として節度を持って行う限りは、死体遺棄にあたらないとされています。ただ、地域住民の反対などもあるため、自然葬自体、自治体によっては規制されているところもあります。散骨が禁止されている自治体や、散骨や自然葬を法定外の弔い方としているところもあります。散骨場をつくる時は、設置場所から一定の範囲内に住んでいる人たちの同意書が必要とされることもあるのです。

散骨を自治体の許可制としているところもありますし、散骨場自体の建設を許可しない自治体もあるのです。そのため、どこでも散骨したり樹木葬を利用したりすることが出来る訳ではありません。ただ、いろいろなところで自然葬は行われていますし、散骨場、樹木葬の墓地もたくさんあります。利用したいと思っている場合は、生前から申し込みをすることが出来ますので、いろいろと探してみるようにしましょう。

住んでいる地域が規制されているところであれば、隣の自治体などで探してみるようにするとよいです。市川で葬儀のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です