古くから考えがある自然葬

一般的に人が亡くなった場合は、お墓を建てて供養を行います。衛生面を考えても火葬が行われますし、供養の方法としては普通の選択ですが、自然に回帰する思想で自然葬が行われる事もあります。自然葬は遺灰を自然に還す行為で、海や山に埋葬を行ったり、海外では空中に散布する自然葬も選択されます。どの方法を選ぶかは、認められている法律や、地域性が関わりますし、生前の希望が取り入れられるので、事前に許可される方法を知る事が必要です。

家族と話し合う事や、自然葬を深く知る事により、亡くなった後の希望する方法を見付けたり、選択して伝えられます。亡くなった後の体は、物質として自然に還りますが、遺骨を保存する従来の方法では長い時間がかかります。土や自然環境に触れていると、骨は風化が早まりますし、分解のサイクルが短くなる事で、比較的短期間の内に自然へとけ込みます。自然葬の発展した考え方としては、宇宙に遺灰を飛ばす計画が行われる、地球環境以外に葬送する方法が登場しています。

どの様に送られるかは個人の自由ですし、実際に出来る可能性を含めて検討する事が、前向きな葬送を実現する事に繋がります。遺族の手元に遺灰が残れば、家族は身近に存在は感じられますが、死後も社会と縛られる事になりますし、遺灰が自然に還ってもどこかで存在します。自然に還す方法の選択と実行は、必ずしも無になる事ではなく、自然に取り込まれ新しい存在に変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です