自然葬のひとつ散骨について

最近自然葬が見直されてきていますがその原因は少子化や核家族化などの影響で墓を守る習慣が低下したことがあります。家墓を伝承する子孫が途絶えたり管理ができない人が増えてきたことで、墓が荒れたり無縁仏になるケースもあるようです。このような社会情勢の中、習慣や形式にとらわれずに新しい埋葬法を望んでいる人が多くなっているようです。また墓の土地や墓石は高価であり経済的な負担も要因にあるようです。

そして故人や遺族の自然葬に対する思いは、墓の中よりも好きな場所で眠りたいということがあるようです。自然葬としての散骨場所はいろいろあります。山や山林、陸地、川や湖、海などが一般的です。故人の思い出の場所や好きだった場所、行きたがっていた場所など故人とゆかりのある場所が多いです。

遺骨は粉末状の灰骨にしておくことが自然に還しやすくするためにも大切です。形のある状態で散骨するともし発見されたときに人骨としてとりあげられ大問題になる可能性があります。散骨は秘めやかにおこなう儀式なので周囲の人たちに対する配慮も大切です。近親者以外は喪服よりも平服で故人を送り出し、お供え物は花びらや酒類ぐらいにして自然に帰りやすい状態にします。

土地の所有者の許可をとり人目に付きにくい場所を選ぶことです。海に散骨する場合は数十キロ沖合に出て人目のない場所でしめやかにおこないます。海岸で散骨すると砂浜などに打ち上げられたりして迷惑をかけることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です