自然葬である樹木葬のメリットとデメリット

樹木葬はこれまでの墓石を墓標とする墓と違い、木や花の樹木を植えその下に骨を埋める墓で自然葬として注目されています。自然への回帰がイメージしやすいという特徴もあります。最近増えてきたとはいえ、まだ少なく十分に理解したうえで検討することが大切です。メリットとしては自然に還るという故人の希望を実現できることや、自然回帰や自然志向、エコという考え方に合うことが挙げられます。

また墓石を購入すると200万円程度かかるといわれますが、樹木葬の場合は平均30万円から70万円といわれ費用を安くおさえることができます。さらに同じ自然葬である散骨に比べると墓の形態に近く、特定の場所に墓参りすることができます。樹木葬は永代供養ともとらえられ、墓地の継承が必要でなく墓地や霊園側が管理をしてくれます。デメリットとしては自然葬である樹木葬は新しい供養の方法であるため、近い親族や高齢者の親族から異論がでる場合も考えられます。

事前に説明して理解してもらわないと親族間のトラブルになることもあります。また骨壺で納めるタイプでないものは一度埋葬すると遺骨を取り出すことができず、遺骨を移動することができません。さらに1区画1本の樹木を植えるタイプの樹木葬は広いスペースが必要なため都市部からは離れていることが多く、都市部では合同墓になるのがほとんどです。様々な樹木葬が増えており、なかには樹木葬のイメージから離れた形態も見受けられるので事前に確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です