自然葬を選択する時の注意点

近年、お墓についての考え方が大きく変わってきています。昔は、兄弟も多く大家族で生活する事が当たり前でしたので、兄弟の誰かが家を継ぎ、代々受け継がれているお墓を守っていくという風習がありました。もちろん、現代でもそれは受け継がれていますが、少子化に伴う核家族化や、親と離れて暮らす人も増えてきており、現実的にお墓を守り続ける事が難しくなってきたり、子供にお墓を守らせるという負担を無くしたいと考える親が増えてきました。そこで、注目されているのが自然葬です。

自然葬とは遺灰を海や山や故人の思い出の地などに散骨して自然に還すという埋葬方法です。特定の場所にお墓を構える訳ではありませんので、子供達に面倒を見て貰う必要もありませんし維持費なども掛かりません。最近では自然葬を専門に行っている業者もあります。しかし、自然葬はまだ新しく馴染みの無い供養の方法ですので、お年寄りの方には理解が難しい部分もあります。

故人の意思として遺書等に書き記されていれば問題はおきませんが、残された遺族だけで自然葬を選択する際には注意が必要です。兄弟や近い親戚等の理解をしっかりと得ておかないと後にトラブルになる事もあります。今まで信仰していた宗教の問題もありますし、自然に還してしまうので残るものはありませんので、お墓参りなども出来ないです。その辺りメリットやデメリットをよく理解した上で皆さんに納得してもらった上で選択をする様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です