Wifiの速度が落ちてきたら場所等を確認しよう

subpage01

この頃は自宅や事務所に、Wifiルーターを設置する方々が増えてきました。


Wifiは電話線に次ぐ社会的なインフラになりました。

FAXや固定電話の需要は減少傾向にありますが、対してWifiの需要は近年うなぎ登りです。

インターネットプロバイダの専門会社に相談をすれば、基本的にどのような家庭や事務所でも設置可能です。



モデムはプロバイダ会社からレンタルする形になり、場合によっては同時に無線ルーターがレンタル出来たり、実質的にゼロ円で譲渡してもらえます。

Wifiを設置した後、ユーザー側で点検や掃除をする必要はありません。


しかしWifiの速度が思った程、上がらないと思った時は少し工夫したいところです。


例えば、パソコンやタブレットを使う場所とワイヤレスルーターを設置する場所が遠すぎると速度が落ちたり、電波が簡単に切れます。



対策はよく利用する場所まで、ルーターを移動させる事です。場所がそれ程、離れていなくても壁や家具などで電波が遮られていると、速度が大きく落ちてしまい、せっかく良い回線プランを契約しても宝の持ち腐れになります。



最初から遅かった場合なら、場所の影響が考えられますが、例えば利用していくうちに、急にスピードダウンが起きた場合は、ルーターのファームウェアの老朽化が考えられます。

ファームウェアが古くなると、速度がダウンする事があり、一度マニュアルに従って更新をしてみましょう。


最新版に交換すれば、速度が改善しますし、セキュリティの観点からも安心です。