プログラミングスクールを選ぶポイント

subpage01

就職や転職に強くなるにはプログラミングの知識があるべきです。

でもどのように学べばいいかわからないものです。


そういう場合はスクールに通った方がよいわけですが、選び方にはポイントがあります。


プログラミングスクールといっても種類は豊富にありますし、どれくらいお金が掛かるか、どれくらいの期間通えばよいかなど千差万別にあります。
大事なことはプログラミングを学ぶ目的を自分のなかで明確にすることです。

たとえば会社のスキルアップなのか、転職を目指すためなのか。

話題になっているギークジョブの評判の喜びの声を頂いています。

あるいはフリーのプログラムエンジニアを目指すか起業したいかなどといった点をはっきりさせておくと、自然とスクールを選べるようになってきます。

会社によって求められているスキルも異なるわけですし、フリーを目指すならば実力をしっかり証明出来るような技術が必要になってきます。



また、スクールのサポート体制なども転職向けなのかフリーランス向けなのか、起業したい人向けなのかという点に注目してスクールを探せるようになるので、効率もよくなります。


学校の授業スタイルも重要です。


対面形式で指導してくれるような場所と、オンラインで講義を受けるタイプの2種類があります。



対面形式の場合では通学に時間が掛かりますが、生徒同士で仲良くなれ、情報交換などが可能になります。
オンラインは授業を受けるのが手軽ですが、どうしても孤独に陥りがちです。
さらにオンライン環境があまりよくないと講義がスムーズに受けられない場合もあるので注意しましょう。